三田村直美 ~Naomi Mitamura~

 

 

三田村先生の作品は、親しくしていただいている画廊の個展で出会いました。ユーモラスなタッチで描かれた動物たちを見ていると、自然と顔がほころびます。先生の作品は、小児科などにピッタリだと思います。

三田村直美(みたむらなおみ):1982年京都精華大学造形学部卒業。1983年に京都銅版画協会に入会。以後、毎年出品している。ユーモラスなカバを描いた「hipopo」シリーズを初めとし、犬、猫、きりん、ゴリラなど動物を描いた作品が多い。出品歴は、京展(95、96年)、春陽会展(95年以降毎年出品)、ソウル国際版画ビエンナーレ展(2002年)等